エストロゲンが及ぼす効果とは?

女性ホルモンは大きく分けて2種類あります。
一つは、こども作りのホルモンといわれるブロゲステロンで、女性の妊娠に備えてエネルギーを溜め込んだり、子宮を強くしたりする効果を生みます。
もう一つは、女性を作るホルモンといわれるエストロゲンで、乳腺を発達させ女性らしい丸みを帯びた体を作り、卵胞の増殖を測ったり、肌や髪のツヤとコシを作り出す効果があります。
エストロゲンは、女性の生理周期に応じて分泌寮が増減します。
月経期には、エストロゲンの分泌は現象します。
そのため、精神を安定させる効果が薄れイライラや不安が強くなる傾向になります。
月経期の次にくる卵胞期にはエストロゲンの分泌が徐々に増えていき、この間に卵胞を増殖される効果により卵胞が増殖していきます。卵胞期が終わり排卵を過ぎると黄体期になります。
黄体期には、徐々分泌が減っていき、代わりにブロゲステロンの分泌が増えていきます。
これは、受精した場合の妊娠に備えたホルモンバランスになるのですが、この時期にブロゲステロンが強くなりすぎると、体中がむくんでしまうことがあります。
また、エストロゲンの分泌が適正で十分に効果を発揮している方は、バストが十分に成長するという作用もあるため、ホルモンの働きを活性化させることでバストアップをはかるサプリも開発されています。