rankup のすべての投稿

30代の肌に必要なものは?おすすめの化粧品を調べてみよう!

最近の30代の女性ってすごく若くて、20代に見える人も多いですよね。
でも、いくら若く見える人でも肌には衰えを感じているのではないでしょうか?
実は、美肌にとって必要なコラーゲンは20歳をピークにどんどん減少しているのです。
20代の肌は綺麗に見えても、内側からはもう老化が始まっているということ!
けれど、まだ表面には現れず、30代に入ると老化のサインが現れ始めます。
疲れるとすぐに肌がどんよりしてしまう、シミや皺が増えてきた、全体的にたるんできた…などと肌の悩みが尽きなくなってしまうのです。
そんな状態で20代の頃と同じ化粧品を使っていていいのか?答えはNOです!
30代の肌に必要なものは何なのか考えながら、おすすめの化粧品を調べてみたいと思います。

30代ではまだそんなに乾燥を感じてい無い人も多いかもしれませんが、30代の多くはインナードライという肌内部の乾燥が加速しています。
夏などはサッパリした付け心地重視でクリームや乳液などは使わない人もいますが、夏は冷房や紫外線といった過酷な環境でインナードライにとっては厳しい季節。
夏だってもちろんたっぷり保湿をしないといけません。
30代の肌に必要なのは、やはり基本の「保湿」なので、エイジングケアを考えるなら保湿力の高い化粧品を選びましょう。
そのポイントとなる成分は「セラミド」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」です。
たとえば、30代オールインワンジェルなどいかがでしょうか。

具体的に30代におすすめの化粧品、まずは人気なのが「アスタリフト」です。
アスタリフトに配合されている「ヒト型セラミド」は人の肌の内部に存在しているセラミドと同じ構造をしています。
そのヒト型セラミドをナノ化しているので浸透力が素晴らしく、肌内部に長くとどまってみずみずしさを持続させてくれるのです。
導入用美容液とセットで使うことで浸透力がさらに増すのでおススメです。

そして、高機能エイジングケア化粧品の代名詞とも言える「SK-Ⅱ」は使い始めてすぐに透明感を感じるなど即効性が期待できる化粧品です。
「クリアな肌に導く」という宣伝文句のもとに、自然発酵プロセスから生成された「ピテラ」が肌を本来の正常な機能に整えてくれます。
ターンオーバーが正常化するのが早く吹き出物やシミなどの改善も早いと評判ですが、価格が高めなので、なかなか継続して使えないという声もあります。

また、「ライスフォース」は芸能人などにも愛用者が多く、100%国産米から抽出されたライスパワーエキスの力で使うたびにキメ細かい肌になると評判です。
分子の小さいライスパワーエキスは浸透力が高く、潤いを閉じ込めてくれ肌に弾力を感じるようになります。
心安らぐお米の香りも人気のようですね。

30代おすすめのエイジングケア化粧品、中には少々お高めで手が出しにくいものもありますが、トライアルセットなどがあれば試しやすいですね。
40代、50代の肌に自信を持てるように30代からの化粧品選びは大事なので自分の肌に合ったものを見つけましょう!

脇の下のリンパを刺激してバストアップ

バストアップにはリンパを刺激することが欠かせません。
まず始めに脇の下を指で触って見てください。
そこで窪んだところがありますが、分からなければコリコリした部分を探して見てください。
そこを手のひらで押し当てるようにして、できれば優しく円を描くような動きをしましょう。
ここでポイントなのが、力を入れすぎないこと、またやりすぎてしまうといけないので、ある程度で行います。
脇の下のリンパは老廃物が溜まってしまうところでもあるので、これを促していきます。
次に乳房のリンパになりますが、脇の下のリンパに流していくことになりますが、乳房の下に手のひらを擦り脇下に流れていくようにしていきます。
これを同時にやってしまうと、少しやりにくいこともあるので、できるだけ片方づつを心がけてやります。
両方の胸の上部を中心とした部分に手のひらをあて、鎖骨に沿って脇の下にリンパを促すようにします。
ポイントとしてはリンパの流れを意識すること、そして強くやらないことを心がけバストアップのために乳腺を刺激していきます。
バストアップで重要になってくるのはリンパ節なので、リンパマッサージをしっかりと行い理想のバストアップにしてみてはどうでしょうか。

ストレッチはバストアップに効果的だからオススメ!

バストに関する悩みを抱えているなら、ストレッチが効果的です。
なぜなら、胸筋を鍛えて、形を整えることができますので、バストアップに有効だからです。
まずは、ストレッチの方法について、具体的に調べましょう。
バストアップに有効なストレッチとして、腕立て伏せが挙げられています。
床に両手をつき、両腕を伸ばしたり縮めたりして、上下運動を繰り返す方法はとても効果があります。
また、流し台に手をかけて、同様に両腕を伸ばしたり縮めたりする方法も最適です。
家事の合間に腕立て伏せをすることができますので、自然と胸筋が鍛えられて、バストアップを叶えられます。
また、バストの形を整えたいなら、両手を前に合わせて、思い切り力を入れて押し合う方法が適しています。
丸みを帯びた女性らしいバストになりますので、日常生活に取り入れることをおすすめします。
尚、本格的にストレッチを行いたいならば、トレーニングジムに通いましょう。
専門家の指導により、効率よく胸筋を鍛えることができます。
専用のトレーニングマシンを利用できる点も大きなメリットです。
また、バストの形を整えたいなら、サイズに合わせて下着を選ぶことが大事です。
店舗で購入する場合には、スタッフにお願いして、サイズを測定してもらいましょう。

20代前半に効果的なバストアップ方法

20代前半の方は、筋肉を鍛える方法でバストアップを行ってみましょう。
20代前半は、ホルモンが活発に分泌されている状態になるので、サプリや食品でホルモンの働きを促す必要はありません。
逆に過剰にホルモンの働きを高めてしまうことで、体調の変化が現れやすくなってしまうのです。
バストアップの方法として、筋肉を鍛えることに注目すれば、健康に対するリスクなく胸を大きくすることができるでしょう。
若い女性の中には、運動不足によって筋力が低下している方もいます。
特にバスト周辺の筋肉は、意識して鍛えないと強くすることができないので、積極的に筋トレを行ってみましょう。
胸の筋肉に負荷をかけることができる腕立て伏せをはじめ、効果的な運動を続けていくことで、バストアップ効果を感じることができます。
また、20代前半から筋トレを行っておけば、30代以上になった時に、胸の脂肪を筋肉で支えることができるので、垂れてしまう心配もなくなってきます。
胸の形を保つことも重要になってきますが、しっかりとした筋肉をつけておくことで、後々美しいスタイルを維持していくことができるのです。
運動不足の人は、筋トレを行って筋肉を鍛えてみるとよいでしょう。

バストアップのためのチューブトレーニング

バストアップのために自宅で簡単にできるのはチューブを使った筋肉トレーニングです。
そもそもバストは脂肪だけでなく、乳腺と、おっぱいを支えている大胸筋という筋肉の3っつで成り立っていますので、そのうちのどれかを大きくすればバストアップにつながります。
大胸筋とは、腕を前に押す時に使う筋肉で、例えば腕立て伏せをした時に胸のあたりに負担を感じる部分になります。
ただ、女性にとって、腕立て伏せは体への負担が大きく、大胸筋を痛めたり腰を痛めてしまう可能性があります。
腕立て伏せが一回も出来ない、という女性も少なくありません。
そこで、チューブを使ってトレーニングすることで、簡単に、体にやさしく大胸筋を鍛えることが出来ます。
チューブを使った筋肉トレーニングのやり方は、チューブを背中から回して両手で持ち、前に腕を伸ばすという動きを7~8回繰り返します。
これを1セットとして、一日に3セットを3ヶ月ほど続けるとバストアップが実感できます。
決して無理をしたり、筋肉痛になるほどはしてはいけません。
運動の前にはストレッチをしたり腕や肩を回したりして体を温めてからすること、また、運動を終わった後にもストレッチをしましょう。

ビキニを着る前にバストアップ

ビキニを着ることで、女性らしさで注目を集めることができます。
付き合っていたり好きな男性と海やプールに出かけるときには、ビキニを着てアピールしたいところですが、胸が大きくないと美しさをアピールすることはできません。
胸が小さいと、ビキニを着ることで胸の小ささが際立ってしまい、女性らしさを演出できなくなってしまうのです。
また胸の大きさは十分だったとしても、垂れているなど形に問題があると、その問題もあらわになってしまうでしょう。
露出の多い恰好をするときには、事前にバストアップを行ってみるとよいです。
バストアップを行っておけば、大きくて形の良い胸を作りあげることができるので、ビキニを自信を持って着こなすことができるのです。
胸を完璧に整えておけば、ビキニを着たときに男性にその魅力を感じてもらえるでしょう。
バストアップを行いたい人は、運動から始めてみると効果を感じることができます。
胸の筋肉を鍛えておくことで、バストアップ効果を感じることができるだけではなく、垂れてしまった胸を引き上げることができるのです。
形に自信がなく露出のある格好になることを躊躇していた人も、好きな水着を着て出かけることができるでしょう。

エストロゲンが及ぼす効果とは?

女性ホルモンは大きく分けて2種類あります。
一つは、こども作りのホルモンといわれるブロゲステロンで、女性の妊娠に備えてエネルギーを溜め込んだり、子宮を強くしたりする効果を生みます。
もう一つは、女性を作るホルモンといわれるエストロゲンで、乳腺を発達させ女性らしい丸みを帯びた体を作り、卵胞の増殖を測ったり、肌や髪のツヤとコシを作り出す効果があります。
エストロゲンは、女性の生理周期に応じて分泌寮が増減します。
月経期には、エストロゲンの分泌は現象します。
そのため、精神を安定させる効果が薄れイライラや不安が強くなる傾向になります。
月経期の次にくる卵胞期にはエストロゲンの分泌が徐々に増えていき、この間に卵胞を増殖される効果により卵胞が増殖していきます。卵胞期が終わり排卵を過ぎると黄体期になります。
黄体期には、徐々分泌が減っていき、代わりにブロゲステロンの分泌が増えていきます。
これは、受精した場合の妊娠に備えたホルモンバランスになるのですが、この時期にブロゲステロンが強くなりすぎると、体中がむくんでしまうことがあります。
また、エストロゲンの分泌が適正で十分に効果を発揮している方は、バストが十分に成長するという作用もあるため、ホルモンの働きを活性化させることでバストアップをはかるサプリも開発されています。

エストロゲンが分泌している時にダイエットをするのが効果的

ダイエットをしてもなかなか効果が出なかったり、イライラ感や集中力の欠如などがある場合には、エストロゲンの分泌が少なくなっている場合があります。
その時にダイエットをしてもなかなか効果が現れないことがありますから、ダイエットをするのならまずエストロゲンについて着目するようにしましょう。
女性ホルモンの一種である、エストロゲンは脂肪燃焼に対して効果があったり、肝臓の機能を高めてくれる効果があります。またカルシウムが融けだしてしまわないようにする効果もあるので、臓器だけではなく骨格に対しても良い影響をもたらします。
これらが分泌している時には、スムーズに体重が落ちていき、新陳代謝も活発になるので、体の中に老廃物を溜めこまずに痩せることができます。
逆にこの女性ホルモンが分泌していない時にダイエットをすると、水分を体の中に溜め込んでしまったり、便秘を引き起こしてしまうこともあるので、分泌を促すことは重要になります。
なかなかエストロゲンが分泌しない場合には、食生活の改善や、分泌を促すサプリメントの摂取で効果を引き出すことができます。
なかなか痩せづらいという方や、ダイエットの効果が見込めないならエストロゲンの分泌に重きをおきましょう。

エストロゲンの血管拡張の作用で冷え性改善

ホルモンバランスが少し崩れてしまうだけでも、分かりやすい悪影響が身体に起きてしまう人もいるもので、女性の場合は冷え性に悩まされる事が多いです。
それはホルモンバランスが崩れによって、血管が縮まってしまう事もあるためで、冷え性改善を目的としてエストロゲンを摂取される場合もあります。
女性ホルモンのバランス改善のために使われる、エストロゲン入りのサプリメントには血管拡張作用もあり、その効果で冷え性を改善しようとする人も増加中です。
少し血管拡張の作用が感じられるだけでも、身体の隅々にまで熱が行き渡るようになり、手先や足先の冷えを改善する事ができます。
就寝時の手足の冷えが気になってしまう人は、夕食時にエストロゲンを摂取するようにしましょう。
ただしエストロゲンの過剰摂取は厳禁であり、血管拡張の作用が強くなりすぎないように注意をしながら、自分の身体の状態と相談をしながら摂取量を調節してください。
更年期障害が気になり始める年齢になると、自然とエストロゲンが減少してきてしまうものですから、冷え性などが起きる前にサプリメントの情報を集める事も大切です。
美肌作用にもお期待が持てる成分だという点も、中高年の女性からは注目されています。

エストロゲンと黄体ホルモン

女性ホルモンには、エストロゲンと黄体ホルモンの2種類があります。
女性の月経周期はこの2つのホルモンの量の増減によってコントロールされています。
両方とも、主に卵巣で生成されますが、副腎皮質でもごく微量がつくられています。
分泌量を決めているのは脳の視床下部です。
脳の視床下部は自律神経をつかさどる場所であり、ここから卵巣に指令が出て、指示された量が分泌されることになります。
女性ホルモンであるエストロゲンも黄体ホルモンも、女性の健康と美容にとって、なくてはならないものですが、年齢とともに卵巣の機能は衰え、生成量が減ってきます。
それでも脳の視床下部はエストロゲンと黄体ホルモンの必要量を満たすべく、分泌の指示を出し続けます。
しかし生成量が足りないためそれが満たせない状態が続くと混乱をきたし、自律神経のコントロールがうまくできなくなるようです。
その結果、卵巣の機能低下に引きずられて全身に不定愁訴が表れることがあり、そうした状態が更年期障害と呼ばれるものです。
これには個人差があり、、一般的には45歳から55歳くらいの女性に出やすいとされていますが、症状はまちまちで、何ともない人もいれば、治療を必要とするケースもあります。